注目の記事 PICK UP!

(歯医者さんからママへのエール)おもちゃ口にいれていいの 2017年2月

おもちゃでも何でも口に入れたがる時期-汚いから、とついつい取り上げてしまうことはありませんか?コードや小銭、タバコなどは危険なので口に入れないように見てあげなければいけませんが、おもちゃや危険性のないものは続けさせてあげてください。

では、何で赤ちゃんたちは口に入れるんでしょう?

赤ちゃんは生まれてすぐは寝たままで、目を動かすくらいしか出来ません。それが今や、「自分の身体ではないもの」をつかみ口に入れられるまでに成長したのです。

私たちも出来ないことが出来るようになるとうれしいですよね。赤ちゃんも自分の意志で身体を動かすことができ、嬉しく意欲のある状態なのです。そんな時におもちゃを取り上げると、大事な意欲が萎えてしまいます。

「意欲」「自己肯定感」「生きる意欲」そのものにも繋がると言えるでしょう。

また口はとても敏感なところです。この時期に色んな硬さや大きさの物などを口に入れることで様々な刺激に慣れていきます。この経験があると、離乳食や、歯ブラシなども嫌がらずスムーズにしてくれることも多いですよ。

さらに顎にも刺激が加わって、顎骨の発育を促し、ガジガジしてる時は舌や唇、頬などを使い口腔機能の発達にも一役買ってくれます。

子どもたちが本能のまま行っている色んなことが、実は、とても身体の発育にとって理にかなった行動なんです。親にとっては困ること、面倒なこと、目が離せないこと・・・子どもたちが自分の意思で道を切り拓いていくにはこんなところにヒントがあるのかもしれません。

みやのじん歯科クリニック(西鉄五郎丸駅近く) 0942-34-3003 当院は育成に力を入れています。お気軽にお問合せください 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 歯はからだの一部 2017年5月

  2. たまごが溶ける?

  3. 子どもが最優先!?(ハピママ2018年3月号)

  4. 歯医者にくる子どもたちへの想い 2017年12月

  5. 五感で歯医者を好きになろう 2017年6月

  6. 歯医者がおススメする食卓♡

  7. 出会い  歯医者さんのはなし ハピママ2018年6月より 

  8. 治療の壁? 2018年4月号ハピママ掲載

  9. いきなり歯医者はちょっと・・・という方へ (2018年1月ハピママより)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










公式Facebook

最近の記事

  1. 地に足についてますか? ハピママ2018年10月より
  2. たかが癖、されど癖 ハピママ2018年9月掲載
  3. 美味しい季節ですが…2018年8月ハピママより
  4. ADHD児童の行動や学習を変化させる脳機能を高める新しいアプローチ-8月号
  5. 歯医者ってどんなところ?ハピママ2018年7月掲載
PAGE TOP