注目の記事 PICK UP!

JOY倶楽部コンサートに行ってきました 2017年3月号

今回は歯の話からちょっと脱線してしまいますが、年始に行われたJOY倶楽部のニューイヤーコンサートのお話です。(障害福祉サービス事業所 JOY倶楽部は、知的障害者の作業所として福岡に誕生し、音楽活動をする「ミュージック アンサンブル」、アート制作をする「アトリエブラヴォ」の2つのグループが、音楽やアートを素材に人との出会いを重ねています。(JOY倶楽部HPより抜粋))理事長である緒方克也先生は博多にある「おがた小児歯科」の初代院長です。歯科となると歯のことばかり、と思われがちですが、歯は口から食べ物を摂って、生きていくうえで欠かせないものです。食べることや会話・コミュニケーションを取ることは生きる喜びでもあります。緒方先生は口腔支援だけでなく、常に生命の尊厳を考え生涯を通してのサポートを展開されています。

コンサート当日は立ち見が出るほどの大盛況!演奏している彼らを見ていると、心から音楽を楽しんでいるんです!踊りだしたり!私たちも一緒に踊りました。なんだか喜びが溢れていて、心揺さぶられるそんなコンサートでした。歯科、となると患者さんも歯のことで来院されます。ですが、それぞれ家族や大切な人がいて、日常があって。そんな連続的な日々のヒトコマなんですよね。

歯だって体の一部。歯も全身も心も互いに影響しています。生きる喜び、大切な人が健康である喜び。そんなシンプルな想いを共有できるお手伝いができたらと思います。想像力と創造力。どっちも大切だな、と演奏を聴きながら胸が熱くなりました。

みやのじん歯科クリニック(西鉄五郎丸駅近く)0942-34-3003  当院は赤ちゃんからの育成に力を入れています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 「医療保育士から見た児童精神科の発達障がいの子ども達」その①

  2. 「小学2年生がなりたい偉人たち」(私の好きな子どもたちのいる風景)

  3. 戻る勇気

  4. かんたん!高野豆腐のはさみ煮

  5. 子どもが最優先!?(ハピママ2018年3月号)

  6. 癒しの空間を作る「休香」

  7. 食育って? ハピママ2018年5月号掲載分

  8. 地に足についてますか? ハピママ2018年10月より

  9. 歯医者ってどんなところ?ハピママ2018年7月掲載

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










公式Facebook

最近の記事

  1. 地に足についてますか? ハピママ2018年10月より
  2. たかが癖、されど癖 ハピママ2018年9月掲載
  3. 美味しい季節ですが…2018年8月ハピママより
  4. ADHD児童の行動や学習を変化させる脳機能を高める新しいアプローチ-8月号
  5. 歯医者ってどんなところ?ハピママ2018年7月掲載
PAGE TOP