注目の記事 PICK UP!

「らせん階段のように」

私は支援者であり当事者の母親でもあります。わが子の障がい受容を悶絶しつつ、子への告知と子ども自身の障害受容も支えたいと思っていたので、いろいろと学びました。発達障がいは、子どもの成長とともに新しい課題が目の前にやって来て、「もう大丈夫」と思うこともできないままに次へ次へと歩んで行かなくてはいけないのが日常です。親は焦りや戸惑い、時には落胆、そして浮かんでは消える希望、そんな思いに翻弄されます。

親の障がい受容は、いろいろな理論が提唱されています。代表的なのがキューブラ・ロスさんの「死の受容段階説」。精神科の女医さんで死にゆく人々にインタビューをして、死に至るまでの心理過程(否認→怒り→取引→抑うつ→受容の5段階)を研究した人です。でも死の受容段階と障がいの受容段階が、同様ではないと言われているところもあります。心理過程が「一定方向に進むとは限らない」とか、「らせん状に繰り返す」などの見解で、最終段階も「受容」とせず「適応」とし、その後「再起」という過程を加えたものなどが他にあります。

私が思うことは受容に至ることが大切なのではなく、それぞれの心理過程は「正常(自然)な心の揺れ」であることを『知る』ことです。否認したい時は否認していいし、怒りが出たら出していい。それは正常(自然)な心理過程なのだから、自分を責める必要もないのです。

支援者は時に、親の否認や怒りの矛先を向けられることもあるかもしれません。なぜそのようなことが起こるのか心理過程を理解していれば、対応を間違うことはないし過剰に反応をすることもありません。「親は障害を受容するもの」という固定概念を一旦外すといいのかもしれません。

私にとっての障がい受容は、自分自身の中にある偏見との向き合いでした。一つ一つ正直に自分と向き合い、堂々巡りの様でいて、らせん階段のように一歩一歩進んでいると思いたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ヨーガは子育てにもいいよ 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










公式Facebook

最近の記事

  1. 地に足についてますか? ハピママ2018年10月より
  2. たかが癖、されど癖 ハピママ2018年9月掲載
  3. 美味しい季節ですが…2018年8月ハピママより
  4. ADHD児童の行動や学習を変化させる脳機能を高める新しいアプローチ-8月号
  5. 歯医者ってどんなところ?ハピママ2018年7月掲載
PAGE TOP