注目の記事 PICK UP!

音楽療法てなんでしょうか?NO20

よく自閉症のお子様で「金属音みたいな音・小さいこどもさん声・工事のガタガタが苦手です」と聞きます。

実際にどんな金属音が苦手?高い音が苦手?音量は?

実際にどんな音が苦手なのか、次の事を考慮しながら楽器を選択して提示しています。

☆音をだすタイミング

☆音の強さ

☆音をだすときのお子様との距離

☆楽器のもつ余韻

 「メルフェンリング」(写真1)


これは音量は小さく、金属ですがどちらかと言えば柔らかい音です。振る楽器です。

「エナジーチャイム」(写真2)


棒状で、叩き方によって音量も音質も変わります。しかし、少しかたい音になり、また余韻も長いです。

「フィンガーシンバル」(写真3)


エナジーチャイムよりは柔らかい音ですが、叩き方が難しいです。

「トーンチャイム」(写真4)


振る楽器です、余韻もあり、柔らかい音で、よく用いられます。

「音積み木」(写真5)


棒で叩きますが、幅が狭く命中が難しい。そしてこの5つの中では1番かたい音です。

バチで音質をかえて使用します。

お子様の様子を見ながらこれらを提示します。

予期せぬ音には自閉症のお子様はパニックを起こすので、きちんと声かけして行っています。

そして、必ずお子様の顔・身体の反応を観察しながら行います。

☆どの楽器であれば受け入れやすい?

☆どの楽器は受け入れにくい?

☆操作性はできているか?

しかし、1回の楽器提示では判断はしません。なぜなら、その日の体調などで反応も変わるからです。

 このようにひとつの事を目的にした楽器提示にもいろいろな考え・配慮があります。

そしてはじめての楽器から、いろいろなお子様の情報を得ています。

詳しくはブログに記載しています。是非ごらんくだい。

http://ameblo.jp/gon0515/

HPはhtpps://beaton7music.com江口奈々子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

nana

日本音楽療法学会認定音楽療法士
初級カウンセラー
スクールカウンセラー
薬剤師
日本音楽療法学会正会員
日本芸術療法学会会員
日本カウンセラー学会員
ヤマハエレクトーン・ピアノ講師

ピアノ・エレクトーン以外に、ギター・ドラムも楽しんでいます。作曲・アレンジもしてますよ(^o^)

関連記事

  1. 「低体重で生れた赤ちゃんとお母さん」

  2. 『ブレインジムとビルディング・ブロック・アクティビティ(BBA)』

  3. 音楽療法てなんでしょう?NO14

  4. うさぎアートクラブ

  5. 音楽療法てなんでしょうか?NO23

  6. <第2回>がんと共に生きる女性を支えたい~メディカル・マッサージはんなり~

  7. 楽療法てなんでしょうか??NO18

  8. 音楽療法てなんでしょうか??NO19

  9. 音楽療法てなんでしょうか??NO15

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










公式Facebook

最近の記事

  1. 地に足についてますか? ハピママ2018年10月より
  2. たかが癖、されど癖 ハピママ2018年9月掲載
  3. 美味しい季節ですが…2018年8月ハピママより
  4. ADHD児童の行動や学習を変化させる脳機能を高める新しいアプローチ-8月号
  5. 歯医者ってどんなところ?ハピママ2018年7月掲載
PAGE TOP