注目の記事 PICK UP!

戻る勇気


夏前にうちへやってきた生徒がいた。彼は、中学に入った後、周りと馴染めずに、入学式以来学校へ行っていなかったそうな。そんな彼が、二学期になってから、学校へ行っているらしい。なんと勇気があることだろう。心の底から彼の勇気を褒めたい。今日は少し、学校復帰の難しさについて考えてよう。

実は、僕は一度大学を辞めたことがある。この時僕は、不登校の生徒たちと触れ合っていく中で、純粋に「学校に行かないってどんな気持ちなのだろう」と思って、辞めてみた。学校をやめて最初1,2か月は、自由が増えたような気がした。昼遅く起きてもいいし、夜寝る時間を気にする必要もない。楽になったと感じた。ところが、その生活に慣れてくると、ふと、学生時代が頭をよぎった。「大丈夫。きっとまだ僕には余裕がある…」半年もすると、ストレスになってくる。「あぁ、今僕がこうしている間に、大学は二コマ進んでいるな…」この時期の僕は、自分でもよくわからない行動をとるようになっていた。大学に復帰するなら復帰するで動かなければならないし、復帰しないならしないで何か先のことを考えなければならないのに、ただ辛い現実から逃げ惑うので精いっぱいで、明け方までゲームに没頭していた。

流石にこれはいけないと思ったが、戻る勇気がない。今度は、自分が自堕落に過ごした一年間を後悔した。周りとの差がついた、もう埋まらないのではないか、学年も遅れてしまう。そんな後ろ向きなことばかりを考えるようになった。幸い、当時、家庭教師をしていた不登校の子が「先生、俺も戻るけん戻ろう」と言ってくれたので、僕も戻る踏ん切りがついた。いやぁ、実に危なかった。

よく、「絶対なんてことはない」と言うが、まさにその通りで、みんなに不登校になる可能性がある。不登校の子は、みんな何か特別な事情で不登校になっているかというと、そうでもなかったりもする。重要なのは、周りから見える本人の行動や姿が、必ずしも本人が振舞いたい姿ではないということ。故に、彼らの周りにいる大人たちは、寄り添って、ゆっくり話を聞いてやるくらいのことしかできないのだ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. パラ・サイクリング 世界選手権(トラック競技) in ロサンゼルス 銀メダル・銅メダル獲得!!

  2. ビジョン・トレーニングで「見る力」を育てよう!

  3. たかが癖、されど癖 ハピママ2018年9月掲載

  4. バッチフラワーレメディ 薫風

  5. 癒しの空間を作る「休香」

  6. うさぎアートクラブ

  7. PCの乗っ取りに注意!!

  8. ハッピーママくらぶ通信 2017年07月号

  9. 『大人の発達障がい・入門』講演会記録

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










公式Facebook

最近の記事

  1. 地に足についてますか? ハピママ2018年10月より
  2. たかが癖、されど癖 ハピママ2018年9月掲載
  3. 美味しい季節ですが…2018年8月ハピママより
  4. ADHD児童の行動や学習を変化させる脳機能を高める新しいアプローチ-8月号
  5. 歯医者ってどんなところ?ハピママ2018年7月掲載
PAGE TOP