注目の記事 PICK UP!

ADHD児童の行動や学習を変化させる脳機能を高める新しいアプローチ-8月号

発達障がい・知的障がい児童は年々増加し、特別支援学級が年々増えています。子育てに不安を感じていらっしゃるママ達も多く、ADHD,ASD,自閉症スペクトラム等発達障がい児や学習障がい児が学校や保育園、幼稚園等でトラブルを起こしたり、勉強に集中できない、注目できない、勉強についていけないと悩む親子や学校の先生が福岡県のみならず、県外からも相談に来られています。特にお薬が身体に合わない児童や療育待ちの乳幼児、何年も不登校である児童も多いです。
2018年6月24日、日本医療保育学会にて脳内の神経ネットワークの再構築により、脳機能を高め、発達を促進するブレインジムとビルディング・ブロック・アクティビティを遊びと共に活用した発達支援を報告しました。日本医療保育学会は病棟保育、外来保育、療育保育、病児保育等で子ども達と関わっている保育士や支援者の学会です。子育てをしていらっしゃる保護者様の周りにいつでも発達のアドバイスや安心できる支援が出来る方が増えていくと嬉しいと思っています。
(つづく)




【体験会・講座のお知らせ】
体験会を開催しています。
ご興味のある方はどうぞHPよりご覧ください。
・ストレスを取り除き、脳機能を高めるブレインジム体験会
・ブレインジムとモンテッソーリ教育とのコラボ講座 等
お問合せ・お申込み:hohoemi-2017@docomo.ne.jp
発達支援ほほえみHP:
http://hohoemi-care.com/


※このQRコードを読み取って頂きましたら、発達支援ほほえみのホームページをご覧いただけます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 治療の壁? 2018年4月号ハピママ掲載

  2. ハッピーママくらぶ3月号

  3. いきなり歯医者はちょっと・・・という方へ (2018年1月ハピママより)

  4. 「私がなぜ放課後デイサービス始める事になったか?

  5. 戻る勇気

  6. 親子でガーデニング♪

  7. 久留米産の櫨ろうと椿オイルなどで作ったはぜ-マッサージキャンドル

  8. JOY倶楽部コンサートに行ってきました 2017年3月号

  9. 子どもが最優先!?(ハピママ2018年3月号)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










公式Facebook

最近の記事

  1. 地に足についてますか? ハピママ2018年10月より
  2. たかが癖、されど癖 ハピママ2018年9月掲載
  3. 美味しい季節ですが…2018年8月ハピママより
  4. ADHD児童の行動や学習を変化させる脳機能を高める新しいアプローチ-8月号
  5. 歯医者ってどんなところ?ハピママ2018年7月掲載
PAGE TOP